記事一覧

ピアニスト水上裕子

シカゴ日記 第1話

ファイル 270-1.jpgファイル 270-2.jpg

 5月21日予定通り福岡を発つ。
 私の好きな大韓航空、韓国経由のシカゴ行き

 さて、どこのホテルに泊まろうか・・・
 
 福岡を発つまで本当に忙しくホテルのことまで考えてる時間がなかった。

 ホテルもいいけど・・・あのドラマに出てくるサウナに泊まってみたいんだよね・・・
 ゆでたまごを頭でコンコンって割る、あの場面!やってみたい!

 どうしよう・・・ホテルかサウナか

 (サウナの方が断然安いだろうし、いいじゃん、面白そうだからサウナに行こうよ)

 心の声に従った。「よし、サウナに泊まろう♪」

 楽しくなってきた~♪♪ もうコンサートのこともアメリカのことも頭にない。
 あるのは韓国ドラマのシーンだけだ(^0^)

 仁川デューティーフリーで一番安いパックシートを値切って購入。
 一応出国し、空港のセブンイレブンで韓国のりまき「キンパ」を買い空港のテレビでドラマを見ながら食べる。

 字幕がないせいで、俳優さんの顔にしか目がいかない
 女優さんたちの顔が皆同じに見える・・・
 少女漫画ヒロインのような大きな目に付け鼻のような鼻

 あ~あつまんない・・・そろそろサウナにでも行くか

 手っ取り早く仁川空港地下のサウナにした。

 空港の地下は意外に静かで美容院、漢方のお店、レストランが並んでいる。
 今、のり巻き食べたばっかりなのに私の体は勝手にレストランに向かい、いすに座ってしまった。

 ソルロンタンを注文して来るまでの時間、サラダバーへ。
 ・・・と、思ったらキムチバーだった。
 キムチ食べ放題なのだ。白菜キムチに甘いたくあんのキムチ、塩味の黒豆。
  甘いたくあんのキムチがとっても美味しかった。白菜キムチは日本在住のオモニのキムチのほうが断然美味しい。

 ソルロンタンは私ももう年のせいか、動物的な味が気になり食べれなかった。
 ワイルドな味はもう無理なのかも・・・さっきのり巻き食べといてよかった。
 
まるで韓国ドラマそのもののおじさんたちが激しい討論を交わしながらお酒を飲んだりご飯を食べたりしている。
ワイルドだ。
みんな俳優のように見えて、たくあんをカリカリ食べながらポーっと見つめてしまう。

まあいい、とにかくサウナだ→

体操服のような上下のユニフォームをもらう。ここまではドラマどおり。
しかし、ゆでたまごもなく、スチームもない。ひとり湯船につかって回りを観察。みんな、お風呂に入らずシャワーだけあびてどこかに消えてゆく。

え~何なのよ(泣)どうしてみんなお風呂に入らないの?サウナらしきものもあったが誰もが素通りした。
どうして? まさか?湯船とサウナをひとり行き来していた私の頭にいろんな知識がよぎる。

やめとこう!あわてて、お風呂から出て、シャワーを浴び、皆の進む部屋に向った。
ほの暗い板張りの細長い部屋。ここで寝るんだ・・・

えいっ!と、高いびきのオモニたちの間にすべりこむ。
背中が痛い。奥に寝ているモンゴル人の女の子たちの笑い声がうるさい。オモニたちのいびきも止むことをしらず、一睡もせず夜明けを迎えた。

結局、飛行機の中でも一睡もできず、アメリカに朝到着して、そのまま打ち合わせにはいった。48時間起きたままさわやかなアメリカの一日を迎えた(^_^)v

 

 


 

ピアニスト水上裕子

美しき五月

ファイル 268-1.jpgファイル 268-2.jpgファイル 268-3.jpg

 
 五月は最も美しい季節・・・この世の天国だ(^^)

 毎年五月になると次女を出産したドイツの木々の緑と小鳥たちの唄声を思い出す。この世にこんな美しい場所があるはずない・・・
我が目、我が耳をうたがった。

 写真は我が家の庭♪
何の花かわからないけど甘い香りが道端にも広がっている。
この香りも木の葉が風にさやさや揺れる音もお届けできなくて残念(^◇^)

ピアニスト水上裕子

6月 糸島志摩町での古民家コンサート下見に行きました

ファイル 267-1.jpgファイル 267-2.jpgファイル 267-3.jpg

 とても素敵なところでしたよヽ(^o^)丿

 みなさん楽しみにしててくださいね♪

ピアニスト水上裕子

娘の引越し完了、そして三重へ

ファイル 265-1.jpgファイル 265-2.jpgファイル 265-3.jpgファイル 265-4.jpg

 東京に二人で到着後、すぐに娘は稽古にはいった。・・・ということは私ひとりで引越し作業・・・(ーー;)

 到着した日は若い大学生、マサキ君とイワキ君が迎えにきてくれて、「ありがたい、ラッキー(*^_^*)」と思っていたんだけれど、翌日からアパートに届く荷物を運び、組み立て、指先は真っ黒。腰もガクガク。とうとう最後に届いたテレビ台は力尽き、組み立てることができずに板を乗っけただけ。

 娘はボーっとしてるしバレやしない(-_-;)

 娘が寂しいというので、1週間もいてしまった。

 1週間後の朝、東京を出て名古屋へ。娘から解放され何だか清々しい。
 やっぱりコンサートをしている時が一番だ!

 名古屋でちょっと休憩して近鉄で三重に向う。
 三重県は海の幸山の幸が豊富で食べ物が美味しくて人々は穏やかで温かい。

 最初は津、そして翌日は松阪の近く多気というところでコンサートを♪♪♪


 ☆娘の住む八王子。
 ☆板を置いただけのテレビ台
 ☆津のコンサートは叙情あふれる古民家で行われた。
 

ピアニスト水上裕子

明日、東京に引越し(=^・^=)そして100歳ばんざい!!

ファイル 263-1.jpg

 結局自分の歯の治療もままならないまま、娘の引越し準備に明け暮れた(-_-;)
 当の本人はボーっとして毎日友達と遊び歩いている・・・

 ま、いいか・・・ボケっとしてられるのも今のうち。
 明日からは厳しいプロの洗礼を受けることになる。

 ご近所の方が次々と励ましに来てくださった。皆さんが沙羅のおじいちゃん、おばあちゃんの代わりをしてくださり、御礼の言葉もない。もう、ウルウルだ(ToT)/~~~

 必ずどんなことにも負けないで立派なバレリーナになる!と、沙羅もしっかりと皆さまの前でお誓いした。
 しかと聴いたよ!その言葉!

 今日は、おめでたいことに青春ひまわり合唱団のリーダー的メンバー福永さんの100歳のお誕生日!
 福永さんの和服姿は上品で美しく、みとれてしまった。
 これからも歌を歌いながら、もっともっと楽しく愉快にすごしましょうね\(~o~)/

ピアニスト水上裕子

冬眠から目覚めました(ーー;)

ファイル 262-1.jpgファイル 262-2.jpgファイル 262-3.jpg

 長女のバレエ団受験で、親子三人(沙羅、アンナ、私)長いこと東京のホテルにおりました(~_~;)

 お金は飛ぶようになくなっていくし、花粉はひどいし、「もうちょっと遊びたい!」というアンナのわがままをふりきり、最後の試験が終わった日、そのまま空港へ→

 道端で親子げんかをしてる時、空港で待ち時間にお弁当をパクついている時、乗り継ぎがわからず子どもたちと騒いでるとき、そんな時にかぎって、

 「あっ!!ヒロコさん(^O^)/」

 と、多くの方に声をかけられた(~_~;)いやぁ~恥ずかしいけど東京来てまで「応援してます!」と、お声をかけてくださる皆様。
 うれしかったですねぇ~(*^_^*)

 娘も無事、素晴らしいバレエ団に採用していただいた。
 これからは公演見たさに東京の仕事を増やしたいなと思っているけど、こんな冬眠状態が続いたので、中々スイッチが入らない・・・

 今月、仕事を休んだせいで5キロも太ったし・・・

 写真は娘たちと大騒ぎした新大久保コリアン通りです。
  美味い!!!(^^)!

ピアニスト水上裕子

紅白歌合戦

ファイル 260-1.jpgファイル 260-2.jpg

 広島さいき文化ホールで行われた「紅白歌合戦」♪♪♪

 市民、老若男女が紅白に分かれその腕を競う

 皆さん上手いわ、面白いわ、最後まで飽きさせない!

 司会の方も独特の味があり、面白かったわ~

 審査員特別賞で「水上賞」の枠まであり、私も気を抜けない。

 模様はケーブルテレビでも放映されるとのこと・・・

 本家NHKに迫れるか(^_-)-☆


 翌日 安芸で牡蠣のランチ

ピアニスト水上裕子

原爆ピアノ そして 大分

ファイル 259-1.jpgファイル 259-2.jpg

 
 広島の原爆投下時、爆心地1・8キロメートルで被爆した昭和7年製造ヤマハアップライトピアノです♪


 80年の年月がたっているとは思えないその華麗な音色にお客さまもきっと満足してくださったと思います。


 俳優の坂根啓子さんには、かわいそうな象を朗読して頂きました。胸が張り裂けるよう実際にあったお話です。

 
 広島在住のピアノ調律師、矢川さんはこのピアノをニューヨークにも運んでコンサートを行ったそうです。 

 矢川さんのメンテナンスの素晴らしさ、昔のピアノの質の良さ、そして爆風に叩きつけられながらもこうして平和を語るこのピアノの使命、いろんなことを心に深く感じながら、コンサート後は湯布院へ!


 由布でも聴衆の皆さまと感動の一夜を過ごしたあと、大分のホテルに移動。

 コンビニに行こうとして、途中でふら~っと思わず入ってしまった「焼き鳥 一文字」 お客さまと仲良しに(^_^)v

 大分の焼き鳥(特にナンコツ)は絶品でした♪

 次の日は別府で講演!(^^)! 楽しかった~!!

ピアニスト水上裕子

奄美ふたたび(*^_^*)

ファイル 257-1.jpgファイル 257-2.jpgファイル 257-3.jpgファイル 257-4.jpg

 いつかまた行けたらいいなあ!と思っていた奄美大島からお呼びが!

 「行きます!行きます!行かせてくださ~い!」

 新年早々再びこの素晴らしい島に再び来ることができた。

 懐かしい人々、懐かしい風景、2年前とちっとも変わっていない。
 あのサーターアンダギーや鶏飯の味も!

 ☆フキタ製菓のサーターアンダギー、深夜12時フキタさんが翌朝の出荷のために揚げていらしたアツアツを食べさせていただき、まさに天国!


 ☆水害の名残りは今だ生々しく・・・

 ☆講演会ライブには中孝介さんのお母様もきてくださった。(私の右です)アンコールで中さんの「花」を歌った私^_^;冷や汗でした。

 ☆翌日はヤマトソンでホームコンサート♪そこで用意していただいた鷄飯!おいしかったぁ~!
 ☆ホームコンサートには関ジャニの錦戸亮くんのおばあちゃまもきてくださいました(~o~)
  
 

ピアニスト水上裕子

寒中お見舞い申し上げます♪

ファイル 255-1.jpg

  今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!(^^)!